まず新居や引越日を決める

引っ越しをするときに最も避けたいのは「空白期間ができること」です。そうならないためには、先に新居を決めることが大切です。もちろん、引っ越し日を確定することも忘れてはなりません。引っ越し業界には繁忙期(3~4月)があるため、その時期に引っ越しをするときは、早めに業者と契約する必要性がでてきます。もし、引っ越し時期を調整できるのなら、繁忙期を避けるほか、平日に引っ越すことを考えましょう。そうすることで、引っ越し料金が安くなることも可能です。

現在の住まいを解約する

賃貸住宅を解約するときは、前もって連絡する必要があります。具体的な期間は賃貸契約書に記載されているため、引っ越し予定がある人は早めに確認しておきましょう。そのうえで、新居や引っ越し日が決まってから解約手続きをすることが大事です。月をまたぐと翌月分の家賃が必要になる場合も少なくないため、解約を急ぐ人がいるかもしれませんね。しかし、新居や引っ越し日が決まらない段階で動くのはあまりにも危険です。最悪の場合、新居に入れる日まではホテル住まいをする方法もありますが、余分な費用が掛かるため避けたほうが賢明でしょう。

書面での変更手続きも忘れずに

引っ越しのときには、目に見えにくい手続きが数多く存在します。どうしても荷造りに関心が行きがちですが、書面での変更手続きがあることも知っておきたいところです。転出・転入届(転居届で済む場合も)は代表的存在です。手続き方法などで不安な点がある人は、お住まいの役所へ照会すると安心できます。公共料金の変更も忘れずに行いましょう。こちらは、ネットで完結できるものもあるため、なるべく労力を使わない方法を探すとよいかもしれませんね。

札幌のバスセンター前の賃貸は沢山あり、独り暮らし用のワンルームやファミリー層に最適な一戸建てなどがあります。