賃貸物件を契約する前に要チェック!意外と忘れがちなポイントとは!?

まずは治安や災害の発生状況をチェック!

賃貸物件は家賃の安さや部屋の内装だけを見て決めてしまいがちですが、それ以外にもチェックしておきたいポイントがいくつかあります。契約後に後悔しないためにも、後々のことまでしっかりと考えて、細かくチェックすることが大切です。意外と忘れがちなポイントとしてまず第一に挙げられるのが、近隣の治安状況や災害の発生情報です。例えば空き巣が多発していて犯人が捕まっていない場合、引越し先で空き巣被害に遭ってしまう危険性があります。その他にも何かしらの事件が多い地域だったら、ちょっと不安ですよね。このためネットで事件が発生してないかチェックしたり、地域のお巡りさんに話を伺ってみたりして、治安状況もチェックしておきましょう。また災害については、水害が発生しやすい地域かどうか見ておきましょう。近年は異常気象により、洪水や床下浸水などの被害に遭うケースが少なくありません。土砂崩れを起こす可能性があるかどうかも、合わせて調べておきたいですね。

隣人や壁の厚さも確認する!

引っ越した後でトラブルに発展しやすい問題と言えば、何といっても騒音です。夜遅くに隣りの部屋から騒音が聞こえてしまえば、不眠症になってしまうかもしれません。このため、まず賃貸物件を下見した時に、隣にどんな人が住んでいるのかを不動産店の担当者に聞いてみましょう。また、過去に同じマンション内で騒音トラブルが有ったかどうかも、参考になります。そしてもう1つチェックしておきたいのが、壁の厚さです。薄い板で仕切られているような部屋は騒音トラブルに発展しやすいので、壁を叩くなどして厚みも確認しておきましょう。

江別市の賃貸では、収納スペースの充実した物件が多く存在し、荷物量が多い場合でも効率良く収納できるため、室内がすっきりとした状態になります。