買う前に知っておきたい! 分譲マンションの選び方

マンションには異なるタイプの物件がある

「そろそろマンションを買おうかな」と思ったなら、新居での生活がある程度はイメージできているはずです。予算に応じて妥協しなければいけない部分もありますが、マンションの立地や生活スタイルをイメージすることは物件探しに役立ちます。マンションにはいくつかのパターン(スタイル)があるので、自分の生活スタイルに合ったものを選ぶとよいでしょう。まず有名なのが「タワー型マンション」です。いわゆる高層マンションで、かなり高いビルを数棟建ててひとつのマンションとして売り出されます。上層階の住居のために専用のエレベーターがある場合もめずらしくありません。タワー型に対して「中低層マンション」もあります。これは一棟の高さをあえて低めに設計している物件です。敷地内の植栽も配慮されていることが多く、閑静な環境をアピールする場合もあります。

新生活が始まるとどうなるの?

分譲マンションを買った場合、ローンの返済のほかに月々の管理費などがかかります。物件によって詳細は異なりますが、将来のリフォームに向けて修繕積立金などを負担することもあります。また、マンションは販売を担当した不動産会社によって日常的な管理が行われますが、住民の代表を集めた管理組合が結成されることもめずらしくありません。これはいわゆる自治会で、住民のコミュニケーションを促進するためにイベントを企画したり、困りごとを解決するために会議を行います。管理組合の役員は抽選や持ち回りで決定されるのが通例です。

大宮市には、県が運営する野球場があります。そのため、大宮のマンションには野球通が住んでいます。近場に住むことで、通いやすくなります。