絶対に押さえておきたい!店舗に合った内装の選び方

イメージを盛り上げるのに一役買う壁

店舗の内装は床と天井と壁の色によって大きく変わります。同じ色で合わせれば統一感があり、違う色で合わせれば違和感の中にハイセンスを見出すこともできますね。

内装の基本は床に一番濃い色を持ってきて目線が上がるにつれて明るい色を合わせることです。グラデーションを作ることで広々とした印象を作れるのが魅力です。

壁の色を選ぶ時は色が与える印象と効果を活用して合うものを選んでいきましょう。

業種に合わせて内装を決める

印象が良く居心地が良い空間にすることが内装デザインの基本です。

しかし業種によって与えるイメージは異なるため、取り扱い商品や顧客ターゲットを踏まえて判断すると良いでしょう。

印象を左右する色選び

飲食店に用いると良いとされるのは暖色系で温かみのある色は食欲を増進させる効果があります。また女性客が多い店舗なら女性が好みそうな色を選ぶと良いでしょう。

雑貨店なら商品を引き立たせるためにシンプルな色を取り入れましょう。色をたくさん持ってくるとゴチャゴチャとしたイメージが付いてしまうためシンプルになるよう仕上げます。

利用者に合わせて選ぶ素材

美容院やエステサロンなどはリラックスを求める場所でもあるので落ち着きのある空間演出が合います。タイルや木目調を用いればお洒落なアクセントにもなりますね。

パン屋なら漆喰やレンガなどで内装を作ればインテリア性が高くなります。

照明の役割と賢い選び方

照明はただ照らすだけではなく空間演出や雰囲気づくりにも有効です。与えられた役割はそれぞれ異なるため正しく設置することが大事です。

照明にはベース照明と間接照明、ポイント照明とペンダント照明、ベース照明などがあります。置き方や光の当たり方、光の出方が違うので店舗イメージに合わせて選ぶと良いでしょう。

自宅を作る際に内装デザインにこだわりたい場合は、工務店に自分の意見を反映させる方式を採用するのが良いでしょう。